« レトロなレンズを求めて | トップページ | トイレンズに「アオリ機能」を »

2006年9月 3日 (日)

おもちゃ双眼鏡のレンズを一眼レフに

■トイレンズで写真を遊ぶ 2

100円ショップでは、けっこう色んなレンズが売られていた。まず、おもちゃコーナーでは双眼鏡とオペラグラスを発見した。双眼鏡一つでレンズは四つ付いているから、一つ25円ということになる。100円ショップ侮りがたし……。

さらに老眼鏡コーナーは、ルーペや拡大鏡などレンズの宝庫だ。何で老眼鏡を100円で売って商売になるのかよく分からないが、色んな度数のものが用意されているから、画角を調整したい場合に便利かもしれない。

平板状のフレネルレンズというのも面白そうだ。グニャグニャ曲がるのを活かせば、世の中も歪んで写ることだろう。虫眼鏡の類いも色々あったが、あんまりまともなレンズはパスだ。チープなレンズを味わってみるというのが今回のコンセプトなので、あまりまともに写ってしまうと面白くないからだ。

レンズとともに鏡筒部分の工作もしなくてはいけない。これは金属やプラスチックというよりは、紙とかビニールで作りたいところだ。ペーパークラフトみたいにして、蛇腹が出来ないものだろうか……。

などと考えながら物色していたら、「ペンケース、プレゼントのケース等に」と但し書きのある紙筒を発見した。表彰状等を入れる紙筒を小さくしたようなものだ。赤やら青やら黄色やらの紙筒はおよそカメラには似つかわしくないが、蓋がスライドする部分は、そのままピント合わせに使えそうだ。

結局、最初に見つけたおもちゃの双眼鏡、チープなルーペと虫眼鏡、平ぺったいフレネルレンズ、そして黄色い紙筒。計5点、525円也を支払い、私は100円ショップを後にした。

●試作機の完成

家に戻ると早速、工作にとりかかった。まず、一番おもちゃっぽくて心動かされていた双眼鏡をペンチでバリバリ、ベリベリと壊してレンズの部分だけを外してしまう。そしてレンズを外した一眼レフカメラに、双眼鏡のレンズをかざしてファインダーを覗いてみる。レンズの位置を変えることにより、ちゃんとピントが合うことを確認することができた。このピントの合う位置を計っておいて、鏡筒となる紙筒をカットすればいいということだ。

紙筒の蓋の部分に穴をあけレンズを取り付ける。そして適当な長さに切った紙筒にボンドをたっぷり付けてカメラ本体にがっちりと貼り付けた。というのはもちろんウソで、カメラへの取り付けはボディキャップを使うことにした。ボディキャップに穴を開けて紙筒レンズを貼り付ける。これで、手作り交換レンズが完成したというわけだ。

レンズ100円、鏡筒100円、ボディキャップ300円。
締めて525円(税込み)だ。

黄色い紙筒ボディーはかなりチープで情けないけど、まあ試作機ということで我慢。とりあえず写るんだかどうだか、早速Nikon D200に取り付けて試し撮りをしてみた。以下に試作一号機と試し撮りの写真を掲載。

◇トイレンズ・アルバム

とりあえず、こんな世の中を舐めきったレンズでも写ることに感動。初めて暗室の中で印画紙に像が浮かび上がってきた時にも感動したけど、それに近い喜びがあるな。

写りに関して言えば「おー、写ってる! 写ってる!」というレベルから一歩引いて冷静に観察してみれば、けっこうひどい(笑)。色収差やフレア、軟焦点。改善すべき点は多々ある。ただ、元々欲しいと思っていた「ボケ味」とかレトロなニュアンスという点に関しては、可能性を感じた。もうちょっと突き詰めていっても良さそうだ。

今後の対策としては、
◇光が漏れないようにする。内面反射も抑える
◇絞りを付ければ、軟焦点の改善にはなるだろう
◇フードも付けてみよう
◇レンズベビーのようにシフトさせてみたい
◇もうちょっと広角系にするにはどうすればいい?

なんかやりたいことが、いっぱい出てきてしまった……。

|

« レトロなレンズを求めて | トップページ | トイレンズに「アオリ機能」を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88292/3304381

この記事へのトラックバック一覧です: おもちゃ双眼鏡のレンズを一眼レフに:

« レトロなレンズを求めて | トップページ | トイレンズに「アオリ機能」を »