« おもちゃ双眼鏡のレンズを一眼レフに | トップページ | フニャフニャ・シフトレンズの味わい »

2006年9月 3日 (日)

トイレンズに「アオリ機能」を

■トイレンズで写真を遊ぶ 3

今回トイレンズを使ってやってみたかったことの一つに、「アオリ機能」を付けるということがあった。アオリというのは大判カメラやシフトレンズを使って、レンズを傾斜させ、パースペクティブや被写界深度を変えてしまう撮影方法のことだ。

通常近くのものは大きく写り、遠くのものは小さく写るというのは当たり前。特に広角系のレンズを使うと、より遠近感は強調される。しかし、たとえば建築写真やブツ撮りで、被写体を歪ませずシャープに撮影したいケースがある。そんな場合に、このアオリ撮影が行われる。

一方、レンズを逆側にシフトさせてしまうと被写界深度が極端に狭くなり、一点にしかピントが合わず、あとはボケボケという写真が出来上がる。こちらはポートレイトやイメージ写真などで、特殊な雰囲気を与えるために行われる技法だ。

レンズがグニャグニャと曲がるように工作して、なんか面白い写真が撮れないだろうか? というのが狙いなのだが、どうやって工作すればいいだろうか?

一つは鏡筒部分に蛇腹を使う方法。ネットで検索してみたら、ちゃんと蛇腹の折り方を紹介してくれている頁もあった。しかし、自分のカメラやレンズに合わせて工作するとなるとちょっと面倒くさそう。まあ、きちんと工作できれば、試作一号機の黄色い紙筒レンズよりは格好良くなりそうなのだが……。

なんかペーパークラフトとかパッケージ方面を調べていけば、応用できそうな折り方もありそうだが、こちらは取りあえず宿題としておきたい。(アイディアがある方は教えて下さい)

それよりもっと気軽に工作するとしたら、黒ブチ眼鏡の事務員のおじさんが腕にはめてる黒いアームカバーのようなもので覆ってしまうという方法が思いついた。100円ショップに行ってみたらオジさん用のはなかったのだが、オバさん用のを見つけた。日焼け対策の長袖カバーというやつだ。

迷わずゲットしたのだが、家に持って帰ったみたら問題が発覚した。
「光が透けちゃうじゃん」
まあ、布なんだから、いくら日焼け対策用ったって、完全遮光にはならないわな。何だか余計なものを次々に買ってしまいそうな予感……。

ホームセンターに行っても鏡筒に使えそうな黒いビニールシートなどを探していたのだが、東急ハンズで面白いものを発見した。ウエットスーツなどに使う黒いゴムの生地だ。厚さ2mmなのだがフニャフニャとして気持ちいい。ちょっとラバーフェチの気持ちが分かるような気がした。

●ゴム生地でフニャフニャレンズが……

試作機第2号の課題はフレア対策とシフト化だ。まず、内面反射を抑えるために、紙筒の内部を黒マジックで塗りつぶす。それから絞りを付けてみる。これは黒紙に12mmほどの穴を開けてレンズの中に貼り付けただけ。12mmというのはまったく意味がなく適当に開けてみただけなのだが、これで多少軟焦点が解消されるはずだ。

黒紙を丸めてフードも作っちゃう。これを金属やプラスチックで工作するとなると気も萎えてしまうが、元々おもちゃレンズと紙筒で工作を始めたので、ひじょうに気軽にいい加減なことが出来てしまう。

最後にレンズをシフトさせるための仕組みを作る。といっても今までの紙筒を切り離し、間をゴム生地でつなぐだけのことだ。のり巻きというか太巻きを作る要領でレンズにゴムを巻き、取りあえず輪ゴムで留めてみた。赤い輪ゴムがアクセントになり、さながらキヤノンのLレンズのような風格も出てきた。

◇スーパーシフトレンズ

最初は試作一号機とは別に作るつもりだったが、試作機を改良するだけで、簡単にシフトレンズになってしまった。ゴム製なので、シフトさせても簡単に元の形状に戻るところが素晴らしい、これはビニールや紙にはない利点だな。

まあシフトのさせ方によっては画面がケラレることもあるけど、とりあえずは「レンズの味」ということにしておこう。

|

« おもちゃ双眼鏡のレンズを一眼レフに | トップページ | フニャフニャ・シフトレンズの味わい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88292/3304408

この記事へのトラックバック一覧です: トイレンズに「アオリ機能」を:

« おもちゃ双眼鏡のレンズを一眼レフに | トップページ | フニャフニャ・シフトレンズの味わい »